ITソリューション

ジェネリック医薬品差額通知システム

薬代の削減効果が一目でわかります!

ジェネリック医薬品の普及啓発活動が活発に行われているなかで、医療保険者にとっても、患者負担の軽減と保険財政の改善に資するものとして、ジェネリック医薬品の普及促進が喫緊の課題になっています。

「ジーイー・リポート」は、レセプト情報管理システムを活用し、ジェネリック医薬品利用に関するデータを最大限活用できるシステムおよびその支援サービスを併せてご提供することで、ジェネリック医薬品の使用促進をサポートします。

事業の概要

法研「拡張版レセプト情報管理システム」と一体のシステムです。ジェネリックマスタ、組合員情報、レセプトデータを取り込んで、組合員情報とレセプトデータの紐づけを行い、シミュレーションや通知書の発行などを行います。

支援サービス

通知書に関する疑問を解決するコールセンター

被保険者・被扶養者からの通知書やジェネリック医薬品の処方に関するお問い合わせは、すべて法研九段事務処理センター内のコールセンターでお受けします。


主な機能

ジェネリック医薬品に切り替えた場合の薬代をお知らせ「通知書発行」

レセプトデータを活用し、対象となる被保険者・被扶養者ごとに、「ジェネリック医薬品差額通知書」を作成します。また、保険者様で通知書を印刷するための「印刷機能」や、印刷会社へデータを渡すための「CSV出力機能」を備えています。
通知書は2パターンのテンプレートから選択していただけます。


拡大画像を見る

システムの特徴

  • 法研の「拡張版レセプト情報管理システム」と一体のシステムです。
  • 「投薬状況の把握」や「通知書発行対象者の選定」にあたって、レセプトに記載された傷病で検索を実施した場合、傷病コードの誤りや漏れ、薬剤が処方されていないケースなどが想定されます。法研では、これらの分析にあたり、目的とする傷病に効能のある薬剤が処方されている対象者を抽出する方法を採用しています。
  • 法研独自のデータベースとして、傷病と薬効で薬剤の紐づけを行った「治療薬分類データベース」を保持しています。データは毎週更新し、常に最新のデータを提供します。

HOME

サイト内検索

ページのトップへ